kanobun

日々のあれこれ。
<< 心も体も鈍感力で。 | main | ターザン日和 >>
50の手習い

50歳を過ぎて、自分の残り時間というものを強く意識するようになりました。

その時間を何に使うか。

よっしゃ春だし、何か始めるぞ、と2つのことを始めることに。

ひとつは、英会話。 近所に格安のゆる〜い教室を見つけました。

アフリカ系の男性の先生。落ち着いていてフレンドリー。 少人数制で、生徒さんたちもみんな中高年で、なごやか〜

ただ、先生が大変日本語お上手なので、授業の半分は日本語です 笑

 

そしてもう1つは運動。スポーツジムに入会しました。

これまでの人生ほとんど運動してこなかった自分にとって、もっとも遠い存在だったジム。未知の世界に足を踏み入れます。

ジムに入会したけど結局続かなかった、という話もよく聞くので、自分が果たして続けられるのか分からないけれど、入会したジムはキャンペーン中で、3か月間はかなりお得。とりあえずその3か月はなんとかがんばって続けてみて、その後のことはそれから考えようと。

そしてできれば、↓この本の帯のように「50代、人生でいちばん体力あります‼」といえるようにがんばるぞ きらきら

50代からの体力革命」 高橋陽子著

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日々 | 08:23 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE