kanobun

日々のあれこれ。
「毎日かあさん」最終巻。ありがとう。

「毎日かあさん」終わってしまいました・・・

1巻からずっと、笑わせてもらいました。泣かせてもらいました。

家族を描いていながら、かあさんは言う。

「家族仲良くなくてヨシ」

ぷっ。

それぞれが元気であれば、それでヨシ!

 


「毎日かあさん14 卒母編」

JUGEMテーマ:読書

| | 10:10 | - | -
ひとりの休日。

上京してすぐ働きはじめた印刷会社を辞めて、いまはハローワークで見つけた古本屋さんで働いてます。

古本屋さんは週4日なので、それだけだと収入が心許ないので、家庭教師を派遣する会社で事務仕事も。

50歳を過ぎて雇ってもらえることを日々感謝しながら、楽しくダブルワーク中。

そのため休みは週1だし、事務の仕事は夕方からもシフト入ってて、「そんなに働いてどうするの。身体疲れるでしょ」とも言われたりするけど、仕事が楽しいから、ほんとは休みもいらないくらい。

そんな私の週1回のお休みの過ごし方は、最近は漫画喫茶(笑)

朝早起きしてさわやかな緑の中を散歩して漫画喫茶を目指すところからもう楽しい。到着するとまずはとってもお得なモーニングをいただく。 

そしてまったりと漫画→雑誌→映画→インターネットいろいろ→漫画→持ち込んだ本(途中でお昼ご飯)→・・・ といった、家にいるときよりくつろいだ一日を過ごし、買い物して帰り、簡単に夕飯を作ってちょこっとお酒飲んで「あー、明日からまた仕事だ。うれしい」と思いながら休日は終わっていく・・・

そこでこないだ読んだ東村アキコの「かくかくしかじか」面白かったなー!思わず、娘にラインでおすすめ。

そして、数ヶ月に一度は電車を乗り継ぎ、お風呂カフェなるところへ。

そこは、数種類の天然風呂や岩盤浴があって、ヨガの体験なんかもできて漫画や本や雑誌読み放題、なのにとてもリーズナブルという、天国のような場所。

私はここで、スラムダンクを読破しました。

ひとり休日、なかなかたのしかです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日々 | 23:53 | - | -
中高年から始める東京ひとり暮らし(笑)

ひょんなことから娘とは離れて暮らすことになり、51歳にして始まったまさかの東京ひとり暮らし(笑)

 

やさぐれるか、ひとり暮らしを満喫するか、まあ、日々アップダウンする気分を飼い慣らしながらどうにかやっております。

 

息子が進学で家を出てしまい毎日寂しくてたまらないという友達に誘われて、わざわざ感傷的な時間を過ごすために夜の東京タワーを見に行きました。はい。

 

20160813_185812.jpg

 

思いっきり感傷的な気分に浸った中高年ふたり組。

よーし明日からもがんばろう。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日々 | 10:44 | - | -
桜。

先週、東京は桜満開という予想だったので、井の頭公園へ花見に。

 

 

ところが、まだそれほど咲いてなかった・・・

桜少なめ、人めちゃくちゃ多しの井の頭公園でした。

 

夕方からは目黒川へ。

 

20160402_174248.jpg

 

昨年も行ったね・・・

大人っぽい目黒川の夜桜。

 

20160402_184405.jpg

 

あれから一年たったんだ・・・

は、早い!汗

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日々 | 10:12 | - | -
一人フェスへ一人で。

気がつけばもう11月も後半。

寒くなってくると思い出すのは昨年の年末・・・清水ミチコの武道館ライブに行きました。

ライブのタイトルは「清水ミチコの一人フェス」

そう、一人で行った一人フェス・・・

 

 

サプライズゲストに矢野顕子さんが登場し、感動したり笑ったりホロっときたり、それはそれは楽しすぎる贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

 

一人で満喫した年末の一日。

帰り道、誰かと感想言い合いながらどこかで一杯、とかやりたかった。

一人で居酒屋に入る勇気もなく、思い出し笑いをかみ殺しながら電車に揺られてさみしく帰りました。

ひとり東京を満喫するには、まだまだ若輩者の49歳。

このあと、徐々に開き直って東京散策始めます。

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

| 日々 | 09:39 | - | -
アウェー。

日本シリーズ真っ最中。

広島の野村投手を個人的に応援してます。がんばれ〜 

 

さて、9月に埼玉の西武プリンスドームに「西武ライオンズ×ソフトバンクホークス」の試合に行って来ました。

初めてのアウェーでの観戦にちょっとドキドキだったけど、意外にホークスファンの人が多くいて、心強かったー

 

 

面白かったのは、まったく野球に興味のない同僚のSさんが「ヒマだから」とついて来てくれて、彼女が退屈するんじゃないかと心配してたのに・・・

球場の独特の雰囲気が気に入ったようで「何これ〜楽しい〜」とすぐにわくわくし始め、試合が始まったとたん、私に負けないくらいの大声でホークスを全力応援!

ヒットを打てば「やったー!!」

三振すればがくーっとうなだれ「次は打ってよー!」

そして、「この広い外野を3人だけで守ってるってありえない」としきりに感心。

外野の選手が大きなフライを走って追いついて捕球するたびに手をたたいて大喜び。

 

試合前は一人も知らなかった選手の名前もほとんど覚えて「ホークスファンになったよ!今日は連れて来てくれてありがとう」と、とってもいい顔で言われてしまいました。

 

日本シリーズはホークスが出られなくて残念だったけど、来春からの試合はたくさん観に行こうねと約束しました。

 

東京に来て約1年半。 知り合いのいなかったこの町で一緒に野球観戦できる友達ができたことに、感謝。

ホークスに、感謝! 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

| 日々 | 17:51 | - | -
アバウト・タイム

1年以上もブログを書いていませんでした。

ある日突然パソコンの調子が悪くなり文字入力ができなくなってしまい、修理に出すのをぐずぐずと渋っているうちに、時間だけが過ぎてゆき・・・

 

先日、会社の先輩(年下)Sさんにパソコンの不具合の状態を話したところ、「それって、キーボードだけ替えれば大丈夫かも」と言われ、1000円ほどのキーボードを買ってきてパソコンにつなげたところ・・・

フツーに使えるようになりました。

私はいったいなぜ1年もぐずぐずしていたのか・・・。

 

ということで、書いてなかった期間のいろいろな日々の出来事を思い出しながら書いていこうと思います。

 

とりあえず、今日は映画について。

アバウト・タイム

 

ううっ

見てよかった。

今日という日を楽しむために、今私はここにいる・・・

ううっ

 

JUGEMテーマ:映画

| 映画 | 01:22 | - | -
風街レジェンド2015

東京国際フォーラムで開催された作詞家松本隆さんの活動45周年のライブコンサート「風街レジェンド2015」に行って来ました。 


ひとりで。




すべて松本隆さん作詞の楽曲。
めくるめく愛とパワーと祈りのようなものに包まれてあっという間の4時間でした。
最後にユーミンが現れて、松本隆さんに花束を渡すというサプライズも。

BS朝日で放送されることが決定したそうです。

大人で渋くて格好良くて幸せなライブでした。
行ってよかった!ひとりだったけど!!

本当に素晴らしい夜でした。

 
| 日々 | 23:18 | - | -
助六と夏まつりとビール。
お金を使いたくないという理由で帰省もせずどこにも出かけなかったお盆休みがもう終わろうとしています。
昨日はさすがに気が滅入りそうになったので、デパ地下でいろいろ買い物しようと出かけたものの、ちょっと高級な助六とごま団子だけ買ってそそくさと帰って来てしまいました。
妙に美味しい助六でした。

どこに行くにも基本的にひとりなので(娘はバイトや学校、お友達とのお付き合いに大忙し!)、出先でお腹がすくと、周りを見渡して、ひとりで行動してる人の中から気の合いそうな人を見つけると、
「お腹すいてませんか?一緒にお昼食べませんか」と声をかけたくなるけど今のところガマンしていています。

さて、先日は団地の夏まつりがあり、いつもは人の気配があまりない団地が大勢の人で活気づいてました。



すぐ近くで花火も上がり、団地のベランダから見えました。出店で買った焼き鳥とビールがしみたなー。

なんでこんなにしみじみした気分になってしまう夏なんだろう。

でも、嬉しいこともありました。
会社の同僚のベトナム人のKさんから「あなたと居酒屋で飲みながらおしゃべりしたい」と照れくさくなるくらいストレートに誘われて、もう一人の仲良しYさんも誘って、平均年齢かなり高めの女3人で飲みました。

Kさんは今の会社に20年以上勤めてるベテランさんだけど、最初の頃は日本語も分からなくて相当苦労したと明るく話してくれました。ゲーム大好きな50代。いつも遅刻ギリギリで出勤してくる、お茶目で可愛い女性です。

日々いろいろあるけれど、日本にいて日本語が分かるだけでも恵まれているのだと、自分に言い聞かせる。
それにしても、やっぱりしみじみ静かな夏でありました。
 
| - | 11:15 | - | -
渋谷。
ずーっとずーっと昔(25年以上前)、3年ほど働いていた街、渋谷。
その頃の同僚Iさんから、会社があった場所で待ち合わせして飲みに行こうという嬉しいお誘いが!
会社は今は移転して新宿にあるそうだけど、元働いてた場所で待ち合わせなんて、なんか懐かしくてワクワク。

昔のことをまったく覚えていないという特技がある私は、記憶を辿って思い出の場所に行くというのは不可能なので、住所を検索してスマホに導かれて会社のあった場所へと行ってみました。
会社は、渋谷駅から徒歩数分のおしゃれな坂の途中にありました。



でも、その場所に立ってもなお、まったく何も思い出せない自分に愕然。
会社の中の机の配置やみんなの顔や会話なんかはけっこうしっかり思い出せるのに、外の景色がまったく記憶にない。思い出せない。あの頃毎日通った道なのに。
これ、方向オンチと関係あるのでしょうか。

その点、Iさんの記憶力はすごくて、「ここでみんなで残業ご飯よく食べたよね」「このビルまだあるんだ。でもイタリア料理の店はなくなってるね」などと、周辺のお店のこともよく覚えてる。私は一軒のラーメン屋くらいしか思い出せない始末。
「渋谷も変わったよね〜」と言われても、あの頃の渋谷の風景を覚えてないから何とも言えない情けなさ。

東京オリンピックに向けて街はどんどん変わっていくらしいから、今の東京をしっかり見て、少しでも覚えていたいとは思うのですが・・・
その夜、Iさんに連れて行ってもらった美味しい居酒屋さんの場所がすでにまったく分からない私です。おいおい・・・
 
| 日々 | 11:23 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE